お部屋の嫌なにおい、ワックスのせいでは

お部屋に入ったとき特有のにおいがいつまでも続き、換気をしてもにおいが抜けないときは床に塗られたワックスのせいかもしれません。

ワックスにはホルムアルデヒドを含むものがあり、そのワックス使うことで有害物質を発生させることがあります。

有害物質は部屋に充満し、人体に少しずつ蓄積されます。

蓄積された量が一定量を超えてしまうと、のどが痛くなったり鼻炎、目のかゆみや吐き気、不眠症などの症状を起こしてしまいます。

ホルムアルデヒドは人の口や皮膚から吸収してしまうので、定期的に換気を行ったり、有害物質の原因となるものを除去する必要があります。

部屋に特有のにおいがする場合は、ワックスが原因のことがあるのでワックスを除去することをおすすめします。

エムケイエコのワックスを今までのワックスが塗られた床に塗布して引き伸ばすだけで、ホルムアルデヒドなどの有害物質を除去する効果があります。

また、エムケイエコのワックスはヒノキ由来のバイオ液から作られた100%天然素材で作られているので安心して使えます。

化学物質を除去する効果だけでなく、除菌や抗菌、消臭効果もあるのでおすすめです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100004784&eid=91

ページトップへ