こたつはダニが好む環境です

日本人の多くの人が「冬はこたつ」と考えていると思います。
しかし、こたつの中のカーペットはダニが好む環境が整っており、寒い冬場といえども注意が必要なのです。

なぜなら利用する人たちの足の汗で湿気がこもり、熱源があるといっても暖かく死滅するほど熱くない環境なので、人間のみならずダニにとっても非常に居心地が良い環境が整っているのです。


では、冬のこたつを快適かつ清潔に保つためには、どのようにすれば良いのかと言うと、換気と掃除をマメに行うことです。

自分が外出をするときには、こたつ布団を天日干しするか、机部分にめくり上げておき、こたつ内部の換気を行うことが大切です。


カーペットも出来ればマメに干したいものですが、天候や忙しさなどで難しい場合はせめて掃除機でマメにホコリやダニを吸い込み清潔を保つことが大切になります。

こたつにあたっていて足が痒くなったりするときや、赤いぽつぽつが出るときにはダニが繁殖している可能性があるので注意しましょう。

こたつの中のカーペットはダニが好む環境のため、日ごろからお手入れをしてダニ対策をして下さいね。

布団のダニを死滅させる正しい方法

毎日使っている布団には、多くのダニが住み着いています。
そのダニや死骸、フンがアレルギーの原因となってしまうのです。

「ダニを退治しよう!」と天気のいい日に布団を干し、バンバンとたたく人が居ますが、実は布団を干しただけでは内部にいるダニまで死滅しないのです。

布団の片面に日光が当たればダニは日の当たらない方へと移動しますし、布団をたたくと痛みの原因にもなります。

また、ダニの死骸やフンを広げてしまうため、アレルギーの原因を布団中にばらまいている状態にもなるので、布団をたたくのは逆効果なのです。
では、どのような方法を取れば布団のダニを死滅させることができるのでしょうか。

まずダニは、高温に弱いという性質があります。
ダニが死滅する温度は65℃といわれていますが、
日光に当てただけでは65℃にはなっていないため、効果がありません。

そこで登場するのがスチームアイロンです。

スチームアイロンは100℃を超えるため、ダニはスチームを当てて殺すことができるので、新たにダニ対策用品を購入しなくても大丈夫なんです。

その後に掃除機で吸い取れば、死骸もフンも効率よく取り除くことができますよ。

毎日使っている布団、どれくらいのダニがいるかご存知ですか?

毎日使っている布団は、シーツをこまめに洗ったり天日干しをしていても、大量のダニが生息している可能性があります。

なぜなら、布団は汗を吸い取って湿気もあるのでダニが暮らしやすい環境が整っているからです。
特に、気温が暖かくなる梅雨時から夏場にかけてはダニの大量発生が考えられます。

また繁殖期にはダニは一日に複数の卵を産むため、布団の中に30万匹以上も生息している可能性があるのです。

そのため毎日使っている布団は適切なお手入れをしていないと、アレルギーによる鼻水や咳、かゆみなど様々な症状を引き起こしかねません。

晴れた日に天日干しすれば大丈夫と考えている人も多いですが、太陽の熱だけではダニが死滅しないのです。

なので、布団乾燥機など専用のアイテムを使ってダニを死滅させ、掃除機や布団用吸引器などでしっかりとダニの死骸を吸い込むことが大切ですよ。

ダニは一日に複数の卵を産むため、一度お手入れをしたからといって安心しないで、定期的に継続したお手入れをすることが重要です。

特に気管支が弱かったり一日の大半を布団で過ごす赤ちゃんがご家庭にいるような場合は、布団を清潔に保ちましょう。

ノミやダニの対策はしていますか?

ペットを飼うご家庭が増えてきています。
ペットがいると、家に温かい雰囲気を与えてくれますし、心も安らぎますよね。

しかし、ペットを飼う際に注意しなければならないことがあります。

それはペットに寄生するノミやダニの対策です。

ノミやダニの対策を怠ると、家の中で繁殖して吸血被害やノミやダニによる死骸や糞によるハウスダストの問題、そして毒性の強いウィルスの問題などが起こるのです。

そしてノミやダニの対策として注意しなければならないことがあります。
それは、一度したからといって、安心して放置してしまうことです。
ノミやダニが繁殖して放置すると、ペットに寄生する可能性があるのです。

そして、ペットの毛に付着し体内を取り込む場合があります。

その取り込んだ毛に付着していると、ペットの体の中に入り込むことになり、ノミやダニはどこかで生き続けることになりペットの病気の引き金になります。


そのため、どの動物にも当てはまりますが特に犬や猫そしてウサギなど全身の毛が覆っている動物を室内で飼う際には、一度掃除したからと言って安心せずに小まめに掃除することが必要です。


そのうえでペットの健康を考えるのであれば、定期的に人間と同じく検診を受けさせることが良いですよ。

有害化学物質ってどんなもの?

有害化学物質とは、環境に有害な影響を及ぼす化学物質のことです。

では、有害化学物質にはどのようなものがあるでしょうか。

身近なところでは、紙や木などを燃やした時に発生する一酸化炭素が有害化学物質です。

一酸化炭素は無色無臭であるため、気づかずに吸い込み続けると、眩暈や吐き気に襲われ、最悪の場合は窒息に至ることもある非常に危険なガスと言えます。

他にもカドミウム、ダイオキシンなども有害化学物質です。


カドミウムは、天然の鉱物の中や土壌の中に含まれていて、
イタイイタイ病問題の原因ともなった毒性の強い金属です。

金属の採掘などの際に大気中に拡散され、水や土壌に堆積し、そこで育った畜産物や野菜を摂取することにより、人の体内に蓄積されます。

ダイオキシンは、塩化プラスチック系のものが燃える時などに生成され、環境に拡散されます。
少量でも、長期にわたって摂取し続けると、人体に対し発がん性を及ぼすと言われています。

一酸化炭素、カドミウム、ダイオキシン、これらの他にも危険な有害化学物質は身近な環境に多数存在しています。
環境汚染から身を守るために、高い意識が求められているのです。

カビって完全に死滅させることはできないの?

住宅のカビは、放置していると感染症やアレルギーなど様々な健康被害の原因となっています。
なので、しっかりとカビ対策をしておきましょう。

まずカビを見つけたら、丁寧に掃除をして綺麗に除去することが大切です。
しかし、どれだけ綺麗に掃除を行っても、すべてのカビを完全に死滅させることはできないのです。

掃除をすれば、見た目にはカビがなくなり一見綺麗になったようには見えても、一度発生したカビは、内部でしぶとく生きています。

では、カビが発生しないようにするには、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

まずは、カビが好む環境を作らない事が必要不可欠です。

カビというのは、高温多湿の環境を好みます。
特に湿気の多い浴室などは、完全に湿気が無くなるまで換気を行うなどをして
高温多湿の環境を住宅内に作らないことが大切となります。

また、湿気の多い梅雨の時期は特にカビが発生しやすくなりますが、
梅雨以外の季節にもカビの発生リスクはあるので注意しましょう。

特に冬の季節は、結露によってカビが好む環境が作られてしまうケースも多いので、十分に気をつけて下さいね。

加湿器が原因でカビ?

冬場は非常に乾燥し、肌荒れや風邪の原因となりやすくなるため、室内の湿度を維持することが望まれます。

そのためには洗濯物を部屋干しをしたり、お湯をわかしたりするのが良いと言われていますが、それでも一時的な効果としかなりません。

そこで、加湿器があれば、常に部屋の湿度を最適な数値に維持し、かつ光熱費も最小限にすることが可能となります。

しかし、加湿器の利用には注意点があり、その一つがカビです。

カビは適度な湿度と温度によって発生、増殖をしてしまいますが、加湿力の強いスチーム式加湿器は熱源を利用して蒸気をとばすため、温度の高い水蒸気によって室内が湿気てしまうとカビに対して増殖しやすい環境を作ってしまいます。

また水に熱を加えずに蒸気を飛ばす気化式の加湿器もありますが、加湿力が低く、騒音も激しいといったデメリットがあります。

「Mkeco moist」は、超音波の振動で水蒸気を飛ばすため、加湿力が高いまま、低音の蒸気をとばすことが可能となります。

カビの発生の心配もなく、騒音も少ないというメリットがあります。

広い部屋で高い加湿力を求めている方には非常におすすめです。

お部屋の嫌なにおい、ワックスのせいでは

お部屋に入ったとき特有のにおいがいつまでも続き、換気をしてもにおいが抜けないときは床に塗られたワックスのせいかもしれません。

ワックスにはホルムアルデヒドを含むものがあり、そのワックス使うことで有害物質を発生させることがあります。

有害物質は部屋に充満し、人体に少しずつ蓄積されます。

蓄積された量が一定量を超えてしまうと、のどが痛くなったり鼻炎、目のかゆみや吐き気、不眠症などの症状を起こしてしまいます。

ホルムアルデヒドは人の口や皮膚から吸収してしまうので、定期的に換気を行ったり、有害物質の原因となるものを除去する必要があります。

部屋に特有のにおいがする場合は、ワックスが原因のことがあるのでワックスを除去することをおすすめします。

エムケイエコのワックスを今までのワックスが塗られた床に塗布して引き伸ばすだけで、ホルムアルデヒドなどの有害物質を除去する効果があります。

また、エムケイエコのワックスはヒノキ由来のバイオ液から作られた100%天然素材で作られているので安心して使えます。

化学物質を除去する効果だけでなく、除菌や抗菌、消臭効果もあるのでおすすめです。

洗剤で手荒れが起こる原因

食器洗いの時に使用する洗剤は、しばしば手荒れを起こす原因となります。

何故、洗剤で手荒れが起きてしまうのかというと、洗剤に含まれる界面仮性剤が、そもそも皮脂量が少ない手のひらの皮脂も洗い流してしまうからです。

皮脂はお肌を外部の刺激などから守るバリアの役割を果たしてくれているので、その皮脂が洗い流されてしまうとお肌のトラブルは起こりやすくなってしまいます。

ひどくなると手荒れではすまなくなり、湿疹や水疱ができて広がったり、かぶれを引き起こしてしまったりします。

そうなれば皮膚科へ行き、お薬を貰わなくてはならなくなってしまいます。

その様に酷くなってしまう前に、食器洗いをした後はハンドクリーム等でケアをしたり、洗剤を手に優しい物に変えたりする等の対策で手荒れを防ぎましょう。

特に生まれつきお肌が弱かったり、乾燥しがちな肌を持っている場合には、食器洗いをする時はゴム手袋の着用をお勧めします。

稀にゴムアレルギーを持っていてゴム手袋で痒くなってしまうタイプの人が居ますが、その場合にはゴム手袋の下に綿や絹の手袋をすると痒くなるのを防ぐ事が出来ます。

ダニが原因の「疥癬(かいせん)」をご存知ですか?

疥癬は昭和初期に大流行した皮膚疾患で、目に見えないほどの極めて小さなダニ「ヒセンダニ」の寄生によって引き起こされる病気です。

ヒセンダニは皮膚の角質の中に寄生しますが、このときに角質の中に残される排泄物や脱皮した殻などによるアレルギーのため、その部位が赤くなり、強いかゆみを感じます。

卵を持つ雌は角質の中にトンネルを掘り、一日あたり2〜3個の卵を1か月間産み続けます。

このトンネルは疥癬トンネルとして視認でき、この病気に特有の症状です。

疥癬の病型には通常疥癬と角化型疥癬があります。

通常疥癬の症状は丘疹と結節があり、かゆみが非常に強いのが特徴です。

通常疥癬の場合は濃厚接触しなければ感染する可能性は低いです。

一方、体力や免疫力が落ちた人にヒセンダニが寄生すると、角化型疥癬を引き起こすことがあります。

骨ばったところや摩擦を受けやすい場所に厚く増殖し、垢が出ます。

かゆみは強い場合も、まったく無い場合もあります。

感染力が非常に高いため、細心の注意を払って患者に接触しなければなりません。

かつては栄養不足や悪い衛生環境のため流行したと言われていますが、現在も高齢者やその介護者に発症が見られます。

ページトップへ